ウェッジは3本派? それとも4本派?

ウェッジは3本派? それとも4本派?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票87

更新

  • 3本! 56%
  • 4本! 44%
かつて、ウェッジと言えばPW以外に“52度と58度”の計3本というのがゴルファーの定番セットだった。しかし、最近は米国ツアーを中心に4本ウェッジで試合に出る選手も増えている。あなたはクラシックな3本? それとも4本? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

3本!「昔ながらの52&58度!ロフトが大きいウェッジは苦手……」

昔から、PWの下は52度と58度で、ずっとゴルフをしていますね。今は、52度、56度、60度みたいなセットにしている人も多いみたいですが、個人的にはロフト角が60度もある、フェースが寝ているウェッジは苦手なんです。結構、多くのアマチュアさんが勘違いしているのですが、ウェッジは寝ている方が難易度が高いです。その理由は60度と58度で同じ距離を打とうとしたら、60度の方が振り幅は大きくなる。その大きくなる分だけ、軌道が一定になりにくくなります。それと、ウェッジを4本にしないのは、アイアンが昔の〈レガシーブラック〉なので、今みたいなストロングロフトのアイアンではない。だから、52度と58度で問題ありません。最近は58度を1度調整して57度にしています。(プロゴルファー 田崎敏紀氏)

4本!「今はツアーアイアンも飛び系!だから下の番手が“薄くなる”」

まずはロフトの問題があります。実はアイアンのロフトがストロングロフトになっているのはアマチュア用だけでなくて、プロ愛用モデルでもロフトが立ってきています。私は〈タイトリスト AP2〉を使っていますが、PWのロフトは昔の9番(8番?)アイアンです。と言うことは、単純にウェッジをもう1本入れないと、下の番手までカバーできないという話です。それと、ショットとアプローチの住み分けの問題もあります。あくまでウェッジをフルショットではなくて、アプローチとして考える場合は、3本よりも4本にしたほうがアプローチで攻める距離が“1つ増える”ことになる。それはコース攻略、バーディを狙うことを考えた場合は、明らかに心理的に有利だと思います。(プロゴルファー 今野一哉氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! 
※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

3本!

4本!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中