上手くなるのは昔ながらの砲台グリーン? 巨大なワングリーン?

上手くなるのは昔ながらの砲台グリーン? 巨大なワングリーン?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票45

更新

  • 砲台グリーン! 73%
  • 巨大なワングリーン! 27%
スコアメイクのカギを握るパッティング。ゴルフ場での経験も大切になるが、どんなグリーンだとパターが上達しやすいのだろうか? 日本には昔ながらのツーグリーンの砲台グリーンもあれば、巨大なワングリーンもある。ティーチングプロの見解は? 取材/文・野中真一

砲台グリーン!「まずは2メートルのストレートラインを徹底的に鍛える!」

もちろん、パターではラインを読んで、打ち出し方向を狙ったとおりに打つことが大切なのですが、基本は2メートルのストレートラインをしっかり打てるようになる技術が基本です。そういう意味ではシンプルな砲台グリーンの方が、パターの基礎が身につくと思います。実は多くのアマチュア、特にアベレージゴルファーは、その2メートルがしっかり打てていないので、もったいないミスパットが増えて、スコアが伸ばせていません。2メートルなら、「自宅や練習場のマットでも練習できる」と思う人がいるからも知れませんが、ゴルフ場で打つ2メートルはまったく別物。ゴルフ場の景色に慣れる、芝の転がりを体感するためにも基本の2メートルを鍛える砲台グリーンは効果があると思います。(PGAティーチングプロ 上田栄民氏)

巨大ワングリーン!「アンジュレーションがあることで脳が刺激され、経験になる!」

私はパターを中心にしたレッスンを行っていますが、パター上達で大切なことは脳を飽きさせないことです。そういう意味で、どうしても傾斜やアンジュレーションが似てしまう、砲台グリーンでプレーしていたら、脳が飽きてしまって学習しなくなってしまいます。巨大なグリーンであれば、アンジュレーションも色々とありますし、難しい傾斜もあるので、毎回、ラインが違ってきます。それだけ、脳が色々と考えるので、毎回、パターを学習できるようになります。私はパターで大事なことの順番として、読み、狙い、距離感、方向性だと思っています。その中で最も大事な“読み”を鍛える上でも、巨大グリーンの方が効果は大きいと思います。(PGAティーチングプロ 大本研太郎氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

砲台グリーン!

巨大なワングリーン!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中