ぶっ飛び系アイアンはアリかナシか?(週刊パーゴルフ3/21号連動)

ぶっ飛び系アイアンはアリかナシか?(週刊パーゴルフ3/21号連動)

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票53

更新

  • アリ!! 66%
  • ナシ!! 34%
ストロングロフトで2番手上の距離が出るという“ぶっ飛びアイアン”は、邪道? それともアマチュアの救世主? ゴルファーに最適なクラブを提供するクラブフィッターと、正しいスイングを伝授するインストラクターの見解は?

パーオン率もスコアも上がるゴルファーの強い味方

よく「アイアンに飛びは必要ない」という人がいます。でも、ボクはアイアンが飛ぶことには大賛成。ぶっ飛びアイアンも“大アリ”です。その理由は、確実にゴルフがやさしくなるから。例えば、残り170ヤードを5番で打つのと7番で打つのと、構えたときにどっちがやさしく感じるか考えるまでもありませんよね。また、最近のぶっ飛びアイアンはロフトが立っていても球が上がってくれるし、スイートエリアが広く多少ミスヒットしても飛距離が落ちません。それに、初めから飛ぶとわかっていれば余計な力が入らないので、ダフリや引っかけなどの大きなミスも防げます。もともとパワーがある人や、パーオン率が6割以上あるような上級者には必要ありませんが、パワーとミート率に自信がない一般アマチュアにとってはメリットだらけ。パーオン率もスコアもよくなって、ゴルフが楽しくなりますよ。(クラブフィッター鹿又芳典氏)

スイングの上達を目指す人は使わないほうがベター

インストラクターとして、アマチュアゴルファーを指導している立場からいうと、ぶっ飛びアイアンは“ナシ”ですね。ストロングロフトで極端に重心が低いアイアンは、アーリーリリース、すくい打ちといった、俗にいう“悪いスイング”をしたときに番手どおりの距離が打てるクラブです。逆に、ダウンブロー、ハンドファーストといった“いいスイング”をするとライナーっぽい球になるので、スイングの上達を妨げてしまいます。それに、いつもフラットでライのいいところから打てるならいいですが、ちょっとボールが沈んでいたり、左足下がりのようなダウンブローに打たなければならない場面が必ず出てきます。「とにかく来週のコンペでいいスコアを出したい」という人はともかく、「これから上達したい」「いいスイングを身につけたい」というボクの生徒さんには、あまり薦めたくないですね。(ETGSチーフインストラクター横田英治氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールを差し上げます。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

アリ!!

ナシ!!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中