練習するならドライビングレンジか鳥カゴか?

練習するならドライビングレンジか鳥カゴか?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票63

更新

  • ドライビングレンジ派 89%
  • 鳥カゴ派 11%
冬は寒さを避けてもっぱら室内の鳥カゴで練習していたという人も、春めいてきたらやっぱり外のドライビングレンジで気持ちよく球を飛ばしたい! でも、スイング作りには鳥カゴが最適という話も。さて、あなたはどっち?

ドライビングレンジ派「飛ばそうという力みをあえて自覚するべき」

私のレッスンは、まず鳥カゴではやらないですね。ドライビングレンジの中でもドライバーで正面のネットに届かないくらい長いところでやります。理由はいくつかあるのですが、まず、ゴルフはターゲットにいかにしてボールを運ぶかというゲームなので、着弾地点が見えなくてはいけない。次に、弾道が見えないと、空気抵抗がどのように働いて球が曲がっていくのか実感できないからです。計測機があればスピン量は測れますが、数値だけではイメージしづらいですからね。最後に、長いレンジで打つと必ず飛ばそうという力みが出ますよね。ある意味スイングの本性が出る。力んでも振り切れるスイングならいいのですが、9割の人はそうではない。これを自覚することで、良い力み方ができるスイング、力んでも当たるスイングを覚えてもらうようにしています。(ティーチングプロ 70 marks golf主宰 橋本トオル氏)

鳥カゴ派「練習場はあくまでスイングを固める場」

まず思うことは、練習場でいい球を求め、コースでスイングを気にしているゴルファーがいかに多いかということです。これでは話があべこべですよね。練習場はあくまでスイングを固める場。球を追うのはNGです。でも、ドライビングレンジという開けた場所では、どうしても球の飛び方や行方が気になりますよね。なので、スイング作りという目的を明確に持っている人には、だんぜん鳥カゴをお勧めします。計測機能があれば、球筋よりもインパクト効率などの数値に注目するようになるので、なお良いでしょう。また、ハーフスイングなどの地道な練習は、ドライビングレンジだともったいなく感じたり、人目が気になってやりにくい人も多いと思います。そういった余計なことを気にせずに、自分がやるべき練習に集中できるのも鳥カゴの利点だと思います。(ティーチングプロ ゴルフフィールズ店長 関 雅史氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールを差し上げます。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

ドライビングレンジ派

鳥カゴ派

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中