前進4打はアリか? ナシか?

前進4打はアリか? ナシか?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票104

更新

  • アリ!! 70%
  • ナシ!! 30%
日本にしか存在しないといわれる「マエヨン」のシステム。初心者にとってはありがたい制度でも、ゴルフの本質「あるがまま」の精神との相性は悪そうだ。ローカルルール度外視で、もし選べるなら前進4打使いますか?暫定球打ちますか?(取材/文・大隈里砂、写真・Getty Images)

アリ!!「初級者を失意の淵から救う装置と思えば致し方なし」

高校ゴルフ部出身なので、OB球を打ったら暫定球宣言をして打ち直すのが当たり前でした。なのでもちろん競技ゴルファーとしての自分には前進4打という概念はありません。ただ、遊びのラウンドのときにはローカルルールに従いますし、それをイヤだとも思いません。勤務する会社がゴルフ場を経営しているので、進行の問題については他人事ではないというのもあります。特にマグレガーCCのようにアップダウンや狭い場所のあるコースで、もし前進4打を設置しなかったら、きっとおそろしく時間がかかる組ができてしまう。そうすると他の組もみんな影響を受けて、楽しいゴルフの楽しい1日が台無しになってしまいます。初級者がリーズナブルに気軽に楽しくセルフでプレーできて、ボールをたくさんなくして悲しむことも減ると思えば、前進4打の活用は決して悪いことではないと感じています。(マグレガーゴルフジャパン株式会社 企画開発部課長 松下健氏)

ナシ!!「あるがままにプレーして得られるスコアが自分の実力」

ジュニアの頃からなので、ゴルフ歴はもう30年になります。昔ながらのゴルファーから指導を受けていたのでルールやマナーに関しても厳しく教わりました。当然そこには「あるがままの精神」も含まれます。プライベートでゴルフをするときも完全ノータッチ、前進4打は使いません。私の好きな伝統と格式のあるゴルフ場にはそもそも設置されていませんしね。開場53年を迎えたフレンドシップCCも同じです。キャディつきということもありますがゴルフ本来の精神を重んじているためです。ただ、私が打ち直しを選ぶ一番の理由は、なによりそれでよいスコアでまわるほうがゴルフが面白いから。耐えて凌いでやりきったという達成感も得られます。アスリートゴルファーはみなそうじゃないかな?結局ゴルフはスコア。真っ向勝負でプレーしてよいスコアが出たときの喜びは何物にも代え難いものなんです。(フレンドシップカントリークラブ 総務営業 チーフ 大塚健太郎氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

アリ!!

ナシ!!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中