ゴルフクラブはやさしいほうが上達する?

ゴルフクラブはやさしいほうが上達する?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票65

更新

  • YES!! 72%
  • NO!! 28%
最近よく耳にするのが、「難しいクラブのほうが上達するなんて考えは時代遅れ。積極的にやさしいクラブを使ったほうがいい」という意見。では、やさしいクラブのほうが上達するの? 道具に詳しいプロの意見は?

YES!!「クセがないヘッドでスペックも余裕があるほうがいい」

やさしい、難しい、の判断基準をどこに置くかで話はだいぶ変わってきてしまうのですが、ことスペックに関しては、ハードすぎるものはやはり良くないと思いますね。シャフトが硬くて総重量も重いと感じるものになってしまうとシャフトがしならないですし、そうなると一生懸命しならせようとしてスイングを崩す原因になってしまいます。よく「振り切れる範囲で重くて硬いものがいい」といわれますが、この言葉を誤解して実際にはオーバースペックのものを使っている人も多いと思います。この言葉の意味は、ヘッドスピードが落ちない範囲ということなので、フィーリングも大事ですが、しっかりヘッドスピードを計測した上でスペックを選んでほしいですね。また、ヘッドに関しては、機能的に偏りのない、クセの強くないものが良いと思います。(ティーチングプロ ゴルフフィールズ主宰 関雅史氏)

NO!!「『やさしい』の定義は人によってさまざま」

一般的に「やさしいクラブ」というと、絶対にスライスが出ないという触れ込みのドライバーであったり、ソール幅がすごく広くて滑りがよく飛距離も出るアイアンだったりという類のクラブがイメージされると思います。これらはある特定の層のゴルファーにとっては確かに「やさしいクラブ」だと思いますが、万人にとってそうではありません。例えば今述べたような特徴のあるクラブを我々プロが打ったら、真っすぐ飛ばすことさえ至難の業になってしまう場合もあります。要するに「やさしいクラブ」とは本来、「その人に合ったクラブ」と考えるのが正しいのです。ですから、「やさしい」という評判のみで飛びついてしまうと、うまく打てないケースがあるのはもちろん、クラブに合わせようとしてかえってスイングを崩すケースもありますから注意が必要です。(ETGSチーフインストラクター 横田英治氏)
投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!
※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

YES!!

NO!!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中