来年からの新ルールでピンは抜く? 抜かない?

来年からの新ルールでピンは抜く? 抜かない?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票48

更新

  • 抜く! 69%
  • 抜かない! 31%
2019年1月1日に改定される新ルール。今回は100年に1度の大改定ともいわれ、例えばグリーン上のパッティングではピンを抜かずにカップインさせてもペナルティはなくなる。手間が省けていい? 違和感がある? さてどっち? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

抜く!「感覚的にカップが小さく見えるし、後方から打ち込まれそう」

今までピンを抜かずにパッティングしたことがないのですが、感覚的にはピンを挿したままだと、カップが小さく見える感じがして嫌ですね。アドレスしたときには、絶対にカップ全体が見えたほうが安心感もあると思います。それと、長年のルーティーンとして、グリーンに乗った際にはピンを抜いて、それをグリーンの外まで持って歩きながら、グリーン全体の傾斜を確認していたので、急にピンを抜かなくなるのはプレー中のリズムが合わなくなりそうです。それと、ピンを挿したままだと、後方の組から打ち込まれたりしないですかね? もちろん、慣れてくれば問題ないと思いますが、新ルール施行直後はそういう事故が起きそうな気もします。(アマチュアゴルファー 岡田晃典氏)

抜かない!「ロングパットだとピンが目印になって有利! 時間も短縮できる」

実は、昔からロングパットの際にはピンを挿したまま打ちたいと思っていたんです。よく、パッティングでは打つ直前まで同伴プレーヤーがピンを持っていてくれる場面がありますが、あのときはいつも申し訳ないと思っていて、なんとなく気を遣っていたんです。もちろん、長いパッティングでもカップは確認できますが、見えにくいですし、ピンを挿したままの方が目印として大きいから打ちやすくなると思います。しかも、ピンを抜かずにラウンドすれば、かなりプレー時間は短くなると思うんです。1ホールでの時間短縮は数十秒単位かもしれませんが、それが18ホールになれば10分とか15分になるかもしれません。プレーファストにもつながるので、この新ルールは大賛成です。(アマチュアゴルファー 山浦良徳氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!
※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

抜く!

抜かない!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中