新ルールの「ヒザからドロップ」は賛成? 反対?

新ルールの「ヒザからドロップ」は賛成? 反対?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票35

更新

  • 賛成! 74%
  • 反対! 26%
今年から改正された新ルールで改定されたドロップの高さ。従来は肩の高さからドロップしていたが、ヒザの高さからになった。米PGAツアーでも盛んに議論されているこのルール、あなたは賛成? 反対? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

賛成!「特にバンカーは有利で、ラフからもライを選べる!」

もちろん、ゴルフ歴が長い人には、なかなか慣れないと思います。でも、このルールそのものは、ゴルフを簡単にしようという方針のもとで生まれた新ルールですから、プロゴルファーにもアマチュアにも恩恵があります。私も早速、コースでやりましたが、特にバンカー内でドロップするときに、ヒザからの高さからだと目玉にならないので有利ですね。それと、ドロップする状況としては、難しいラフやベアグラウンドが多いと思うのですが、そういう場所でもヒザからの高さならライを選ぶことも可能です。ベアグラウンドの難しい状況こそ、ちょっとでも良いライから打てるだけで難易度が全然違うので、かなり恩恵はあると思います。(プロゴルファー 今野一哉氏)

反対!「シニア世代は腰に悪い姿勢で、ドロップする姿もカッコ悪い」

個人的には、新ルールは見直しが必要だと思います。私もコースで試しましたが、ヒザからのドロップはすごく大変ですよ。一見、肩よりもヒザの方が簡単なように思えますが、ヒザからドロップするときの正式なルールとしては、曲げた状態のヒザの高さからドロップしてはいけない。でも、ヒザを伸ばした状態で、直立した姿勢でヒザと水平の高さからドロップするのは、意外とキツイ体勢です。特に腰痛持ちのシニア世代は、腰に悪いと思います。それと、PGAツアーの試合を見ましたが、やはり見映えが良くないし、なんとなくカッコ悪く見えました。もちろん、初心者の方にはヒザからのドロップでゴルフが簡単になるのは良いことですが、せめて「ヒザからでもOK、肩の高さからでもOK」と選択できると良いと思います。(プロゴルファー 福永和宏氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! 
※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

賛成!

反対!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中