夏と冬でスペックやセッティングは変更する?

夏と冬でスペックやセッティングは変更する?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票36

更新

  • 変える! 19%
  • 変えない! 81%
11月に入ると、冬のゴルフシーズンも近くなる。「冬は飛ばない」なんて嘆くゴルファーも多いだろうが、夏と冬でクラブセッティングのスペックや番手を変更していますか? 今回はプロの意見を聞きました! 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

変える!「冬は体が回らないから、ワンフレックスくらい下げる!」

夏はドライバーのフレックスXを使っているのですが、11月後半から12月になると、シャフトをSの硬めにしてスペックダウンしています。硬さとしてはSXくらいなので、ワンフレックスか半フレックスくらい落としている感じです。その理由は、冬になって上着を着た時点で、絶対に体は回りにくくなります。シャフト自体も暖かい時期のようにしならないので、タイミングが取りにくいんです。私はシャフトのしなりを生かしてタイミングをとったり、飛距離を出しているので、夏と同じ感覚で振るためにスペックダウンしています。それと、セッティングはそれほど変えませんが、コースが長いときはユーティリティを1本増やすときもあります。(プロゴルファー 福永和宏氏)

変えない!「慣れているスペックが有利! 飛ばないことを想定してクラブを選択」

私は水戸方面で活動しているので冬の寒さは痛感していますし、間違いなく冬になると飛距離はキャリーで10ヤードくらい落ちます。ただ、スペックや番手は変えていません。それは、年間を通して同じスペックでプレーしたほうがクラブに慣れていますし、信頼できるからです。だから、冬の対策としては10ヤード飛ばないことを想定したマネージメントにします。7番アイアンで打っていた距離を6番アイアンにするとか、夏はドライバーで超えていたバンカーを、冬はバンカーを避けた攻め方にします。特にアマチュアの人で、月に1、2回のラウンド回数の人であれば、スペックやセッティングを変えるより、慣れているクラブで攻め方を変えるほうがスコアを出しやすいと思います。(プロゴルファー 町島久晴氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

変える!

変えない!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中