2019年、印象的だったのは?

2019年、印象的だったのは?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票82

更新

  • タイガーのマスターズ優勝! 15%
  • シブコの全英女子優勝! 85%
2019年は、タイガー・ウッズがマスターズで11年ぶりに通算15勝目となるメジャー優勝を遂げた。そして、AIG全英女子オープンでは、渋野日向子が日本人女子としては42年ぶりとなるメジャー優勝を遂げた。どちらもインパクトのある試合だったが、皆さんはどっちが印象的でしたか? 取材/文・小高拓 写真・岩本芳弘、Getty Images

タイガーのマスターズ優勝!「スーパースターの復活優勝は“技”の重要性を気づかせてくれた」

渋野さんの優勝は衝撃を受けましたが、印象に残ったのはタイガーのマスターズ優勝です。世界中のゴルファーみんなが“タイガー世代”といえるスーパースターです。ケガなどいろいろなことがあり、もうメジャーで勝つことはないだろうと思っていた人も多いでしょう。その状況で、43歳にして復活優勝ですからね。また近年の米ツアーは、フィジカルゲームです。全員が高い技術を持ちながらプロ野球選手のような身体能力の高い選手が集まっています。ストレートに近いフェード系のボールで飛ばして攻めるスタイルが主流です。かつてタイガーが出現したときは圧倒的な飛距離で、パワーゲームの先駆者でした。しかし、最近はタイガーよりも飛ばす選手はたくさんいて、飛距離のアドバンテージを失いました。マスターズでは、パワーに劣りながらも、ボールを曲げて攻めたり、アプローチやパッティングでカバー。技術の高さを見せての優勝でした。パワー時代に、“技”で対抗するという、ゴルフの本質を教えてくれました。復活優勝に加えて、技術の重要性を教えてくれたのもとても印象的でした。まだまだ活躍してくれそうです。(ティーチングプロ 森守洋氏)

シブコの全英女子優勝!「シンデレラが笑顔で制した新スタイルはゴルフ界に影響を与える」

タイガー・ウッズのマスターズ優勝は、ゴルフファンが待ち望んでいたもので、私もうれしく思いました。しかし、2018年のツアー選手権での優勝がタイガーの“復活”だと思っていたので、マスターズで優勝するのは、何の疑いもありませんでした。そういう意味で印象に残ったのは、渋野日向子さんのAIG全英女子オープン優勝です。樋口久子さん以来、日本人女子42年ぶりの歴史的なメジャー優勝というだけでなく、新しい勝ち方だったと感じました。今までのメジャーは、耐えしのぎ、しびれながら我慢をしてタイトルを勝ち取る試合という印象でした。しかし、初出場の渋野さんは、守るのではなく笑顔で楽しそうに攻めて優勝を遂げました。現地でも「スマイルシンデレラ」と呼ばれたほどです。その姿は見ている人をワクワクさせますし、ゴルフ界に一石を投じる新しいスタイルだったと思います。渋野さんの新しいスタイルはジュニアたちも「楽しんでいいんだ」、「攻めていいんだ」と思ったことでしょう。今後のゴルフ界において影響を与える優勝だったと思います。それだけ笑顔でメジャーを制したのは印象的でした。(ティーチングプロ 堀尾研仁氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!
※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

タイガーのマスターズ優勝!

シブコの全英女子優勝!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中