日本でのスループレー定着に賛成? 反対?

日本でのスループレー定着に賛成? 反対?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票118

更新

  • 賛成! 86%
  • 反対! 14%
海外でのゴルフはスループレーが基本だが、日本ではハーフ終了後に昼食をとるスタイルが主流。現在は日本でも新型コロナウイルスの影響によりスループレーで営業するコースが増えた。このスタイルは今後も定着してほしい? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images
賛成!「プレー料金が安くなって、午前中で18ホールが終わるのも一石二鳥」

実は今年の3月以降、何度かスループレーでラウンドしたのですが、すごく快適でした。7時台のスタートだったら、12時前には18ホール終わってしまうので、午後から仕事もできるし、買い物に出かけることもできます。従来の昼食付きプレーだったら、7時台にスタートすると10時頃に昼食をとることになります。ゴルフ場のランチは結構ボリュームもあるので、10時のランチはキツイです。スループレーは料金も安くなっているので、ゴルフに行く回数を増やすこともできる。プレー料金が下がってプレー時間が短くなったら一石二鳥です。新型コロナウイルス騒動が収束してからも、スループレーの営業を続けてほしいですね。(アマチュアゴルファー 岡田晃典氏)

反対!「昼食もゴルフの楽しみの一つ。真夏や真冬のスルーは体力的に厳しい」

日本のゴルフでは昼食も楽しみの一つですし、ゴルフ場のランチは美味しいですからね。コースの名物メニューを、みんなで食べるのも楽しみの一つです。もちろん、今の自粛ムード中にはレストラン営業が難しいので、スループレーが多くなっていると思いますが、コロナが収まったら、またランチ休憩が主流に戻ってほしいです。私も若い頃はスループレーが良かったですが、55歳を超えてからはスルーで18ホールは体力的に厳しい。特に真夏と真冬は天候的にも厳しい日が多いので、9ホール後に休憩があるから18ホール回れていると思います。現実的に、日本のゴルファーにはシニア世代が多いので、やはりハーフでの休憩は必要だと思います。(アマチュアゴルファー 大谷秀雄氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! ※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

賛成!

反対!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中