炎天下でも朝のショット練習はする? しない?

炎天下でも朝のショット練習はする? しない?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票37

更新

  • する! 51%
  • しない! 49%
長かった梅雨が終わって8月に入ると、一気に夏本番となり、日中の最高気温が40度を超える日も。そんな炎天下でのラウンドでも、皆さんは朝のショット練習していますか? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

する!「1カゴ打つのがルーティン。夏は早朝の時間帯に行って練習します」

私は1年間を通してスタートの1時間前にはコースに行くようにしていて、朝のショット練習をすることがラウンド当日のルーティンになっています。ショット練習しないと、スタートホールで緊張してしまうので、最低でも1カゴは打っておきたいです。ドライバーも最低5球は打ちたいです。だから夏の暑い日は、1時間前ではなく、1時間30分くらい前にコースに行って、なるべく早朝の時間帯に練習するようにしています。通常だと7時オープンのコースでも、夏はアーリーバードをやっていたり、スタート時間を早くしているので、6時台から入れるコースもあります。8月は朝8時を超えたら気温が高くなりますが、7時くらいならまだ25度前後の日が多いです。(アマチュアゴルファー 西潟幸治氏)

しない!「基本はパット練習のみ。汗だくのウェアは同伴競技者にも嫌われる!?」

今年も8月の暑い時期に何度かゴルフに行きましたが、一度もショット練習をしたことはありません。パッティング練習のみです。私もスタートの1時間30分前にはコースに行くので、時間の余裕はあるのですが基本的にはレストランでコーヒーを飲んで時間を過ごすことが多いです。8月上旬に、日中の気温が40度を超えた日に18ホールを回ったのですが、どんなに暑くてもラウンドだったら我慢できます。でも、練習でこの暑さは耐えられません! もし、朝からショット練習をしていたらスタート前にウェアが汗だくになっていたと思います。そんなウェアでプレーするのは自分でも不快ですし、同伴競技者も嫌がるかなと思います。(アマチュアゴルファー 山野孝一氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ!

※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

する!

しない!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中