デシャンボーの48インチドライバーは成功する?

デシャンボーの48インチドライバーは成功する?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票35

更新

  • する! 83%
  • しない! 17%
全米オープンを制したブライソン・デシャンボーは、11月のマスターズを48インチドライバーで挑むと宣言。その作戦は成功するのか?クラフトマンとプロゴルファーに意見を聞いてみた。 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

成功する!「単純な飛距離アップではなく、48インチだけの新ルートがありそう」

デシャンボー選手は奇人といわれていますが、ワンレングスアイアンにしても、肉体改造にしても、十分に結果を出しています。だから、48インチドライバーについてもマスターズでの十分な勝算があるのでしょう。それは単純に飛距離が伸びて有利になるということではないと思います。飛距離アップだけなら、現状で45.5インチのドライバーを46、47インチにすれば十分。それをいきなり48インチにするというのは、48インチにして400ヤード近いティショットを打ったときの新ルートがあるのではないかと思います。全米オープンでもフェアウェイキープ最優先ではない新しい攻め方を見せてくれましたし、マスターズでも新時代の攻略法を披露してくれると期待しています。(プロゴルファー 今野一哉氏)

失敗する!「あのボディスピードだと絶対に振り遅れて、右プッシュを連発する」

基本的に長尺ドライバーはヘッドスピードが遅い人ほどタイミングが合ったときの飛距離アップの効果が大きく、ヘッドスピードが早いほどタイミングが取りにくい。だからヘッドスピードが50m/sを超える選手に48インチはナンセンスだと思います。特にデシャンボー選手は腕の振りではなくボディターンで飛ばす選手なので、長尺ドライバーだと体の動きに対して、ヘッドが遅れてしまう。インパクトでヘッドが戻ってこないので強烈な右プッシュを連発しそうな気がします。それを抑えるにはシャフトを硬くすることしかないのですが、あのヘッドスピードで48インチだと5Xくらいの硬さが必要。そうなるとシャフトがしならないので飛距離アップの効果は薄くなってしまうと思います。(クラフトマン 宮城裕治氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! ※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

する!

しない!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中