金谷拓実はすぐに米PGAツアーで通用する?

金谷拓実はすぐに米PGAツアーで通用する?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票34

更新

  • 通用する! 38%
  • 通用しない! 62%
アマチュア時代にマスターズに出場し、世界アマランク1位、そしてプロ1年目での日本ツアー優勝と松山英樹と同じ道を歩む金谷拓実。本人も米PGAツアー参戦を宣言しているが、果たして松山英樹のように成功するのか!? 取材/文・野中真一 写真・Getty Images

通用する!「コースマネージメント能力が高いし、米国流でも成長できる」

絶対に通用すると思います。プロキャディの目線で見ると、金谷選手はコースマネージメント能力が高くて、トーナメントコースの攻め方を分かっています。米ツアーはパワーゲームとばかり思われていますが、実はダスティン・ジョンソンもブライソン・デシャンボーもマネージメントがすごく上手い。飛ばすだけでなく、置きにいくボールを打つ能力が高いんです。それと、金谷選手はここ数年で体が大きくなって、飛距離も伸びてきた。実は松山選手も米国に行って飛距離を伸ばしたんです。それは米ツアーでは飛距離が必要だったからで、ツアープロはその環境に合わせて成長していきます。だから、金谷選手も米国に行けば、さらに飛距離を伸ばして米ツアーの選手として成長できると思います。そのための基礎能力は現時点で十分に揃っています。(プロキャディ 杉澤伸章氏)

通用しない!「米ツアーのレベルは異常に高くなった! 米トップアマも苦戦」

もちろん期待していますし、応援したいですが、ここ数年の米ツアーのレベルはとんでもない次元になっていると思います。5年くらい前にトップクラスだった選手でも消えてしまった選手がいっぱいいます。日本ツアーと米ツアーのレベルの差は昔よりも格段に広がっています。もちろん金谷選手もすごく才能はありますが、米国は大学ゴルフのレベルも高くなっていて、その大学ゴルフで活躍した一流選手でも米ツアーで苦戦しているケースが多いです。それと22歳でいきなり米国に行って、慣れない環境、毎週の飛行機移動、そんな状況のなかプロとして結果を出すのは大変だと思います。もうしばらく日本でツアープロとしての経験を積むのが良いと思います。(プロゴルファー 今野一哉氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! ※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

通用する!

通用しない!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中