夏ラフと冬のバンカー、難しいのは?

夏ラフと冬のバンカー、難しいのは?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票31

更新

  • 冬のバンカー! 48%
  • 夏のラフ! 52%
ゴルフは季節によっても難しさが違う。冬のゴルフではカチカチになったバンカーが手強いし、夏のゴルフでは長いラフが厄介になる。アマチュアにも苦手な人が多い冬のバンカーと夏ラフ、本当に難しいのはどっち?

取材/文・野中真一 写真・Getty Images

冬のバンカー!「打ってみないと“下の感覚”がつかめないので距離感が難しい」

もちろん、夏ラフもフライヤーしたり、ボールが浮いたりして難しいライではありますが、二つを比較すると冬のカチカチバンカーの方が難易度は高いと思います。プロでも難しいのが、バンカーはソールもできないし、当然、砂の下が見えないので、打ってみないと下の硬さの感覚がつかめないことです。一口に硬さといっても、すごく硬いのか、ちょっと硬いのかでも全然違います。さらに厄介なのが、2度目のバンカーに入れたとき。その前の感覚を踏まえて打つと、また違う硬さになっていて失敗することも。理由は気温だったり日当たりなどの状況もあると思いますが、同じ日に同じコースを回っていても感覚が違うので1日中、距離感が合わないことも多いです。(プロゴルファー 市原建彦氏)

夏のラフ!「飛び系アイアンは夏ラフに不向き。ダフリ癖があると脱出不可能に」

確かに冬のバンカーは歩くとシャリシャリと音がするくらい凍っていたりしますが、実は表面だけが凍っていてソールが入る下の部分はそんなに硬くないパターンもある。だから、いつもと同じ感覚で打てるバンカーも意外と多いです。一方、夏ラフはどんなコースでも難易度が上がります。長いラフになると、うまくソールを抜いていく軌道が難しいのですが、アマチュアの人はボール手前のラフを怖がって鋭角に打ち込むのでダフリやすい。フェアウェイからでもダフリ癖があるタイプは、ほぼ一発では出ないと思います。またスイング的な問題だけでなく、最近の飛び系アイアンはソール幅が長い分、ソールの抜けにくさもあって夏ラフには不向きだと思います。(ティーチングプロ 町島久晴氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! ※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

冬のバンカー!

夏のラフ!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中