今年の日本ツアーは有観客で大丈夫?

今年の日本ツアーは有観客で大丈夫?

お使いのブラウザはcanvas要素に対応していないので描画できませんでした

投票47

更新

  • 大丈夫! 53%
  • まだ早い! 47%
3月には国内女子ツアーが再開し、4月には男子ツアーも再開する予定の2020‐21シーズン。昨年は無観客試合が続いていたが、今年はもう観客有りでも大丈夫だと思う? それともまだ早い? 取材/文・野中真一 写真・村上航

大丈夫!「人数を制限すればゴルフ場は密にならない」

屋外スポーツのサッカーやラグビーと比べても、ゴルフはさらに巨大なエリアを使うスポーツなので、人数を制限すれば開幕戦からギャラリーを入れても大丈夫だと思います。グリーン周りでも、人数さえ制限すれば人と人との距離を取ることはそれほど難しくありません。しかも、格闘技や野球などと違って、もともとあまり声を出さない静かな観戦スタイルなので、飛沫などのリスクも少ないはずです。せっかく昨年はゴルフをはじめる人が増えてゴルフブームが起きているようなので、今年はツアーの魅力を知ってもらうチャンスだと思います。プロゴルファーの立場からすると、グリーン周りに5人でも観客がいてくれるだけでありがたいので、ぜひ観客有りで試合をしてほしいです。(プロゴルファー 市原建彦氏)

まだ早い!「ギャラリーバスと入り口でインフラ整備が必要」

もちろん早くギャラリーを入れた試合になってほしいですが、少しインフラの整備が必要かと思います。具体的にはギャラリーバスとギャラリーゲートに問題があると思います。いくら人数を制限しても、公共交通機関を使ってそこからギャラリーバスに乗ったり、車で行っても駐車場からギャラリーバスに乗るので、そこで密になりそうです。もう一つはギャラリーゲートです。今まではチケット確認をスタッフの方が一人一人やっていたのですが、その方法だとソーシャルディスタンスは難しい。だから、スマホ専用のアプリなどを使って入場パスを作るなどの別のやり方が必要だと思います。ゴルフのギャラリーは高齢者が多いので、より慎重に対応するべきだと思います。(プロキャディ・解説者 杉澤伸章氏)

投票して頂いた方の中から抽選でパーゴルフロゴ入りボールをプレゼントします。ご応募はコチラ! ※プレゼント希望の方は別途、会員登録と応募が必要です

あなたの意見をお待ちしております!
FacebookTwitterでも簡単ログインができます。ログインはこちら

あなたは、どっち?

大丈夫!

まだ早い!

その理由は?

みんなの意見0

もっと見る

 

討論中